転職ノウハウ


外資系の企業に就職したい貴方

外資系の企業に就職したい貴方、貴女にちょっとしたヒントを以下に提供いたします。

外資系の企業に応募する場合に英文のレジュメは必須です。
通常日本語の履歴書、職務経歴書に加えて英文のレジュメの提出が求められます。
英文レジュメ(Resume)とはCV(Carriculum Vitae: もともとはラテン語で人生行路の意味)のことです。
外資系企業に就職したい貴方 それでは良い英文レジュメとはどんなものでしょう?

まずは、人事部採用の人に『実際に会ってみたいなぁ』と思わせることが必要です。
毎日沢山の英文レジュメに眼を通している人事部採用の人は一つの英文レジュメに長い時間は割いてはくれません。

したがい、一瞬の内に読んで好感を持ってもらう内容のレジュメに仕上げる必要があります。
それには、簡潔にしかも要点がしっかり抑えられていることが肝要です。
要点は3つあります。

  1. 貴方、貴女が誰であるか。
  2. 現在までにどんな教育を受けて、どんな仕事をしてきたか。
  3. これまでの教育、経験をベースとして、今回希望する仕事の候補者として貴方,貴女が如何に最適な人材であるかを熱く語る

レジュメには必ずカバーレターをつけますが、ご希望があれば、CDAの推薦状(Letter of Recommendation)をお付けすることも可能です。

以下に一般的な英文レジュメに記載の項目を示します。

企業によっては指定のフォームがある場合がありますが、記入項目は以下でほぼ全て網羅されているとお考えいただいて結構です。

項目  記載内容
Personal Data(個人データ) 個人情報。名前、住所、連絡先(電話、携帯、メール等)。
Job Objective/Objective 希望職種を具体的に示す。過去の教育、経験、知識、技能を踏まえて自分には何ができるのか (希望職種)、 また会社にどのように貢献しうるのかを明確に示す。また、仕事の目標。
Education/
Education History(学歴)
学校の名称、所在地、学位、学科、専攻、論文、卒業年、課外活動など。
Skills/Special Skills 英語のレベル(TOEICなど)、コンピュータ技能資格、簿記、速記、秘書資格 (技能・特技)
Work Experience(職歴) これまでの勤務先と所在地、職責、役職、業績など(要領よく、具体的に)
Hobbies/Interests & Hobbies 仕事とは別に趣味、関心のある分野を記載。 (趣味)
Qualification(資格) 希望職種に関係のある、検定資格や、免許など。外国語は特技の項目に記入。
References(信用照会) 職歴、学歴、専門、個人などの照会先を必要に応じ記載。